ダイエットで痩せる方法レシピTOP > ダイエットで確実に痩せる方法とは? > ダイエットの成功方法とコツ

ダイエットの成功方法とコツについて

ダイエットの成功方法やコツというものは、あるのでしょうか?

ダイエットで痩せる方法というと、国立病院ダイエットやリセットダイエットなどのように、1週間〜2週間(14日間)ほどの短期間限定で、決められたメニューを守るといったイメージがあります。それが、あたかもダイエットの成功法かのように、錯覚している人もいます。

しかし短期間のダイエット法には、ダイエットの秘訣はありません。
そのあと、今までどおりの食事内容に戻ってしまえば、体重も体型も元通りとなりかねません。本当のダイエットとは、一生涯続けていける健康法でもあるはずです。

では、ダイエットの成功法やコツ、秘訣とは、一体なんでしょうか?
それは人間の本能(食欲)に逆らわず、基礎代謝を十分活用したダイエット方法ということになります。

ダイエットというと摂取エネルギーを減らすことばかりに頭が行く人がいますが、これではリバウンド必至です。どうしてもダイエットの挫折・失敗へとつながっていってしまいます。摂取エネルギーを大幅にカロリーカットするダイエット法は、食欲との戦いであり、味気ないものです。人は本来、食べる楽しみもストレス解消法であり、生きる活力であるはずです。

それに極端な食事制限のみのダイエット方法では、筋肉がどんどん減っていってしまいます。その結果、基礎代謝が減少して、太りやすくなるわけです。以上のことからダイエットの成功法やコツとは、適度な食事制限と、基礎代謝量を高めるための筋力づくりとなるのです。

もう一つ、ダイエットの成功法とコツに、秘訣を加えるとすれば、睡眠時間の確保です。仕事や受験勉強で忙しくて、睡眠を確保できない場合もあるかもしれませんが、睡眠不足は食欲を増進します。しっかり睡眠時間を確保し、なおかつ深い眠りを得ることによって、レプチンが分泌されて食欲を抑制し、寝ている間に体脂肪が燃焼しやすくなります。睡眠中は、プチ断食タイムであり、体脂肪をエネルギー源とするのです。

ダイエットの成功方法〜三つの秘訣

ダイエットの成功方法とコツをまとめると、以下のようになります。

  • 辛くないダイエット
  • 好きなものを食べてよいダイエット
  • 運動するダイエット

辛くないダイエット

ダイエットの成功法やコツは、上記の三つを意識すると、うまくいきます。
辛くないダイエットとは、極端な食事制限をしないということ。マイクロダイエットとかリエータ、プチシェイク、ヒルズダイエット、グローバルダイエットなどなど、多くのカロリー置き換え食品があります。こういったやり方は、費用もかさみますし、味気ないので、毎日の生活から食事の楽しみを奪うことになります。

ダイエットが辛いと、それだけでストレスがたまります。
ストレスをためると自律神経が乱れますので、ストレス解消のために甘いものが食べたくなるということに。これでは、何のために食事制限をしているのか、分からなくなってきますよね?このことは激しいダイエットDVDでもいえることです。今日もやらなきゃと考えると、動くこと自体がおっくうになり、運動を全くしないという極端な方向にシフトしてしまう危険が出てきます。やはり、自分のやりやすい方法で続けることが、ダイエット成功の方法でありコツなのです。

好きなものを食べてよいダイエット

やはりダイエットの成功法やコツは、好きなものを食べるダイエットです。
ただし、食べ方にコツがあります。一気に食べてしまうのではなく、一口ごとにゆっくり食べることです。そして一口ごとに緑茶をちびちび飲みましょう。ケーキとか洋菓子も、この食べ方なら太りません。緑茶には、腸内で脂肪や糖質を吸着して排出してくれるカテキンが含まれています。一口ごとにフォークを置くのは、血糖値の上昇を待つためです。

食事はよく噛んだ方が、食べ過ぎないのでよいといいますよね?
べつに食事中、ずっと噛んでなくても、箸やフォークを一口ごとに置きながら、間隔をあけて食べてもよいのです。ですから本や雑誌を読みながら、テレビを見ながら食事や間食・夜食を摂ると、血糖値が上がる前に食べ終わるという危険が減ります。食事は、「ながら」のほうがダイエットには効果的です。

好きなものを食べてよいと言っても、それは間食であって、三度の食事では、栄養バランスの取れたものを食べることが大切です。炭水化物、必須脂肪酸、必須アミノ酸、ビタミン、ミネラル、食物繊維、ファイトケミカルなどなど。その上で腹八分目を目指すのです。この場合も「ながら」の食事で、ゆっくりと食べれば、血糖値が上がる前に食べ終わることがなくなります。すると、自然と無理なく食事制限ができるのです。

運動するダイエット

ダイエットの成功法やコツとしては、以上のような食事法とともに、運動がかかせません。運動して筋肉を鍛えることは、筋肉の分解=異化(カタボリック)を防ぎます。筋肉が増えていけば、基礎代謝量がどんどん増えていくので、食事量を多くしても太りづらくなります。当然リバウンドとは無縁になれるのです。

毎日の運動に、激しいダイエットDVDのようなエクササイズを選んでしまうと、ダイエットが長続きしなくなります。もっと簡単で短時間にできるものがよいでしょう。通勤時に一駅前で降りて、早足でウォーキングするだけでも、全身の筋肉が強化されます。

家事や掃除が必須の専業主婦なら、掃除や洗濯、布団干しなどが、すべて筋力トレーニングとなります。窓や床を片手でふけば、相当な運動量です。そのほか腕立て伏せや腹筋、スクワットをしてもいいですし、ステッパーやエアロバイク(エルゴメーター)などの運動器具の購入を検討してもよいでしょう。

ダイエットとは健康法

ダイエットで痩せる方法とは、一過性のものではなく、ずっと続けていくべきものです。つまり飽食の時代にあっては、ダイエットは健康法と同じことなのです。肥満、とくに内臓脂肪型の肥満になると、死亡率が上昇するという調査があります。肥大した内臓脂肪の細胞は、血圧や血糖値を上昇させる悪玉サイトカインを分泌します。そのほか血液をどろどろにして動脈硬化を促進してしまうのです。大きな脂肪細胞があると、ガンにもかかりやすいといわれています。

女性ならダイエットの目的は、ビキニやかわいいタイトな服を着るためでもあります。ノースリーブが似合う二の腕、ドレスから覗く美しいデコルテにしたいと思うものです。しかし、すべすべの肌やつやのある髪になるには、健康でなければなりません。ビタミンやミネラル、必須アミノ酸が摂取できてないと、肌荒れやむくみ、冷え症、便秘の原因となります。便秘は、さらなる肌荒れを引き起こしていくという悪循環になります。

つまりダイエットの成功方法やコツを考えた場合、健康という意識は、メタボリック気味の中年男性だけではなく、美容を求める若い女性にも必要ということです。女性でも、「健康的に痩せる」という意識をもつことが、美容に直結しているわけです。

低炭水化物ダイエットとかケトン体ダイエットという、極端な食事制限では、たしかに劇的に痩せていきますが、健康が忘れられています。ということは肌荒れやむくみ、便秘を招きますから、どうしても美容を損ねてしまいます。体は細くても、肌は荒れ、出るところが出ていないという体型になります。体脂肪が減少してスリムになるとともに、健康も増進できたとき、真にダイエットで成功できたと言えるのです。