ダイエットで痩せる方法レシピTOP > ダイエットで確実に痩せる方法とは? > 健康的にダイエットしよう!

健康的にダイエットすることの大切さ

健康的にダイエットするには、どのような点に気をつけたらよいでしょうか?
まずは、してはいけないことを挙げてみます。

  • 極端な食事制限をしない
  • 栄養不足
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • ストレスの蓄積
  • その他(飲酒、喫煙)

極端な食事制限をしない

健康的にダイエットしていく上で、もっとも注意すべき点は、過度な食事制限です。ものを食べなければ、やせていくに決まっています。しかし問題点は、食事量を落とすと、どうしても栄養バランスが崩れてしまうこと。その結果、必須栄養素が不足して、腹荒れや便秘、冷え症、そのほかの病気にかかりやすくなるのです。

もちろんプチ断食(ファスティング)によって、腸内を掃除して、デトックス(毒素排出)するという考え方もあります。しかし、それはプロの指導の元、短期間に限って行なうべきものであって、ひんぱんに断食や絶食を繰り返していたのでは、摂食障害(拒食症や過食症)に陥ります。また脳は飢餓状態と判断するので、脂肪を溜め込んで、やせにくくなってしまいます。これでは、健康的にダイエットをしているとは言えませんよね?

マイクロダイエットなどのカロリー置き換え食品を推奨するわけではありませんが、全体的なカロリーは減らしても、栄養バランスが取れているので、まだましなほうです。素人判断で低炭水化物ダイエットとか、アトキンス式ケトン体ダイエットとかを実践すると、炭水化物(ブドウ糖)が極端に不足してしまいます。

糖分が不足すると、しばらくは肝臓のグリコーゲンから補給できます。
しかし、それも半日分しか貯蔵されていません。半日以上ものを食べないと、筋肉を分解して糖新生し、それをブドウ糖に変換するのです。脳と血球にエネルギーを供給するためです。筋肉を減らしていって、骨と皮だけになるダイエットが、健康的なダイエットであるはずがありません。

栄養バランスをとろう

健康的にダイエットをしようとするのなら、栄養バランスをしっかり意識する必要があります。一つの栄養素を制限するダイエット法や、一つの食材のみ(果物など)を摂るダイエット方法では、栄養バランスが崩れてしまいます。一品だけにすべての必須栄養素が含まれている食品は、存在しないからです。

人間が健康的に生きていく上では、三大栄養素である糖質・脂質・タンパク質は欠かせません。それなのに、炭水化物抜きダイエットとか油抜きダイエットをしようとする人が後をたちません。炭水化物を抜けば、前述のようなデメリットがあります。筋肉が減っていくので、体重が減少したとしても太りやすい体質となるのです。

健康的にダイエットしようとする人が犯しがちな過ちとして、脂肪をすべて排除するという点があります。しかし脂肪やコレステロールは、人間が健康を維持する上で大切な成分です。体温の保持、内臓を守るクッション、細胞膜や性ホルモン、脳神経繊維、ビタミンDなどの材料となるのです。

脂肪が体に悪いと言われるのは、主に動物性食品に含まれている飽和脂肪酸です。これを摂りすぎると、たしかに動脈硬化を促進し、心筋梗塞などの生活習慣病を引き起こしかねません。ステーキを大量に食べる人は要注意です。

しかし健康的にダイエットしようとするなら、健康によい油は摂らなければなりません。たとえば、オリーブ油に含まれている一価不飽和脂肪酸である「オレイン酸」。あるいは必須脂肪酸であり、多価不飽和脂肪酸であるn-3系(オメガ3)の魚油。DHAとかEPAは有名ですね。こういった脂肪酸は、中性脂肪や悪玉のLDLコレステロールを減らして、善玉のHDLコレステロールを増やしてくれます。

健康的にダイエットしようとするなら、脂肪によって脂肪を減らすということも知っておかなければなりません。前述の脂肪酸もそうですが、そのほかに中鎖脂肪酸は、吸収が速いので体脂肪として蓄積されません。肝臓で、ほかの脂肪酸も燃やしてくれるので、むしろ脂肪が減っていくのです。ヘルシーリセッタで摂取できます。

あるいは牛乳や肉に含まれている共役リノール酸も、脂肪を燃焼する脂肪です。
筋肉を増やす効果も期待できます。ただし共役リノール酸を摂るために牛乳や肉を摂取しすぎると、ほかの動物性脂肪も多く取り込んでしまうので、ダイエットサプリメントがよいでしょう。

そのほか必須アミノ酸(バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、ヒスチジン)も、健康な体を作るうえで大切です。メチオニンやトリプトファンは、うつ病の改善効果もあるので、必須アミノ酸(タンパク質)は心身ともに健康的にダイエットするうえで欠かせないといえるでしょう。

さらに健康的にダイエットするには、ビタミンやミネラルも欠かせません。
とくに水溶性ビタミンが不足すると、糖質や脂肪を効率よくエネルギーとして使えなくなります。するとどうなるかというと、体脂肪として蓄積しやすくなるのです。有酸素運動や筋トレを一生懸命にしても、脂肪が減っていかないということにもなりかねません。ビタミンB1は糖質の代謝を助ける補酵素であり、ビタミンB2は脂肪の代謝を助ける補酵素です。

そのほかの注意点

健康的にダイエットするうえで、そのほかに運動や十分な睡眠が必要なことは、誰もが知っているでしょう。運動は、べつにスポーツジムに通わなくても、日常のなかで工夫すれば、いくらでもできます。通勤時の早足ウォーキング、家事をエクササイズにするなどです。窓拭きや床拭きによって、上半身を鍛えることができます。布団干しも、相当な体力を使います。

健康的にダイエットしようとするなら、睡眠時間も十分にとる必要があります。
睡眠中も、じつは脂肪燃焼にとって大切な時間帯です。とくに寝初めのノンレム睡眠時は、成長ホルモンが分泌されるので、肌の修復や体の成長にも大切です。睡眠は長ければよいというわけではありませんが、中身の濃い、熟睡できる睡眠であることがダイエットで痩せる方法のポイントです。浅い眠りでは、脂肪燃焼効率も下がってしまいます。

ストレスを解消することは、自律神経を整えるので、食欲の調整にとって大切です。ストレスが蓄積すると、ついつい甘いものが欲しくなるものです。過度な飲酒は、深い眠りを阻害するので、避けましょう。健康的にダイエットするには、禁煙も大切です。たしかに喫煙は交感神経を刺激するので、食欲を抑えたり、消化吸収を阻害するかもしれませんが、健康的ではありません。以上のような注意点を実践して、健康的にダイエットしながら、美容も同時に手に入れましょう。