ダイエットで痩せる方法レシピTOP > ダイエットで確実に痩せる方法とは? > 短期間で痩せる方法とは?

短期間で痩せる方法とコツ

短期間で痩せる方法は、急激に体重を落とすダイエットのやり方です。
一気に減量するということは当然、体にも心にも負担が掛かってきますので、慎重に行なう必要があります。

巷には極端な食事制限によって、短期間で痩せる方法があります。
アトキンス式ケトン体ダイエットとか、低炭水化物ダイエット(ローカーボ)、低カロリー置き換え食品ですね。そのほか食事を抜く、朝抜きダイエットとか夕食抜きダイエットなどもあるようです。摂取エネルギーをかなり下げるのですから、短期間で痩せていって当然です。

ものを食べないとやせていくのは、なぜだと思いますか?
炭水化物(糖質)を摂取しないので、体脂肪にたまらなくなるから。そうです、でもそれだけではありませんよね?糖質が入ってこない分、変わりに体脂肪が使われていくからですね。ですから皆さん、食事制限というダイエットで痩せる方法を行なうわけです。

しかし、食事制限によって短期間で痩せる方法では、見落としていることがいくつかあります。それは以下の点です。

  • 筋肉が減って、基礎代謝が減る
  • 脂肪を溜め込みやすくなる
  • 脳が働かなくなる
  • 自律神経が乱れる

短期間で痩せる方法は、最初のうちはみるみる痩せていきますから、ダイエットに成功したものと錯覚してしまいます。しかし、無理なダイエットのひずみは、徐々に自分の心身に押し寄せてきます。その結果、近い将来待っているのは、リバウンドという現実です。なぜなら健康の増進とは、真逆のことを行なっているからです。

筋肉が減って、基礎代謝が減る

短期間で痩せる方法を食事制限だけで実践しようとすると、確かにエネルギー源として体脂肪が使われるようになります。内臓脂肪が多いメタボリックシンドロームの人は、まずお腹ぽっこリが解消されていきます。

しかし、糖質を制限する炭水化物抜きダイエットとか、ケトン体ダイエットを行なっていると、脳や血球に必要なブドウ糖が決定的に不足することに。外部の食事から糖分が入ってこないわけですから、どこから供給するのかというと、体内にあるアミノ酸(タンパク質の分解産物)を切り崩して、それを糖新生するのです。糖新生とは、体内でアミノ酸やグリセロール、乳酸からブドウ糖を新たに作り出すことです。このうち、筋肉を分解してできたアミノ酸が、もっとも多く使われます。

マイクロダイエットとかグローバルダイエット、ヒルズダイエットのCMを見ていると、短期間で痩せる方法を売りにしていますが、前述の理由で脂肪とともに筋肉も減っていきます。筋肉が減ると、基礎代謝量が激減しますから、太りやすい体質となります。いつもどおりの摂取カロリーであっても、基礎代謝が減った分、体脂肪へと蓄積されやすくなるのです。

その結果、食事制限による短期間で痩せる方法では、最初のうちは内臓脂肪や皮下脂肪が減っていきますが、徐々に内臓に脂肪が蓄積していく危険があります。その結果、メタボリックシンドロームを助長して、動脈硬化、糖尿病や高血圧症、脂質異常症(2007年に高脂血症から改名)などの生活習慣病の原因となりかねません。

ただし、こういったダイエットの危険性は、極端な食事制限のみを実行した場合です。食事制限と同時に、筋肉を鍛える運動やエクササイズを並行して行なうと、筋肉の異化(カタボリック)は阻止できるといわれています。たしかにこの点は回避できますが、そのほかにも以下のような問題が出てきます。

脂肪を溜め込みやすくなる

短期間で痩せる方法を食事制限だけで行なうと、体が飢餓状態になります。
もちろん骨格筋や呼吸筋、心筋、腎臓などの諸臓器は、体脂肪の分解産物である脂肪酸をエネルギー源にできます。問題は脳と血球です。これらはブドウ糖のみが唯一エネルギー源なので、食事からブドウ糖がなくなると、脳にとっては飢餓状態と一緒のことなのです。

飢餓状態と察した脳は、できるだけ体脂肪を使わないようにと、節約を始めます。人間の遺伝子には、人類の過去の歴史のなかで、大自然の変動によって食料が思うように食べれない経験が刻み込まれています。そういったときに備えて、脳が飢餓状態と判断すると、倹約遺伝子が働いて、脂肪をあまり分解・燃焼しなくなるのです。

食事を1食抜いて、1日2食にすると、太るとよく言われますよね?
これも、倹約遺伝子が働くからです。相撲取りは午前中は朝食抜きです。昼と夜にまとめてたくさん食べるために、あれだけ太るのです。もちろん、ドカ食いもありますが・・・。

脳が働かなくなる

短期間で痩せる方法を行なうと、ブドウ糖が不足するために、脳にエネルギーが補給されなくなります。朝食抜きダイエットを行なうと、学校や会社に行ってから、頭がボーッとして働いてくれない経験はありませんか?脳のエネルギーが不足しているわけですから、当然ですね。

人によっては、この空腹感を乗り切れば脳からβエンドルフィンが出てきて、爽快感に変わるとか、頭の回転が速くなるという人がいますが、そんなことはありません。あるいは脳にブドウ糖を供給できなくなると、脂肪酸の分解産物であるケトン体を使うので、なんとか乗り切れると言う人がいます。しかし、この場合、脳にしか目が行っていません。体の内臓には、相当な負担がかかっているので、一生残る後遺症が出るかもしれません。

またケトン体は脳の非常用エネルギーですから、やる気が出ず、ほとんど頭が働かなくなるのです。場合によっては、昏睡状態に陥って命の危険が出てきます。太平洋のど真ん中で、食事をせずに、何日も漂流しているときの意識状態を想像してもらえると分かりやすいでしょう。

自律神経が乱れる

短期間で痩せる方法という無理なダイエット方法を行なっていると、たとえ筋トレで筋肉を維持できても、自律神経の働きが崩れる可能性があります。

女性なら自律神経失調症は、月経(生理)不順や月経前症候群(PMS)、激しい生理痛として現れかねません。生理が止まる可能性もあります。妊娠中の人や妊婦だと、胎児に悪影響が出て、流産ともなりかねません。

短期間で痩せる方法を続けていると、自律神経が乱れて、摂食障害の危険も出てきます。摂食障害とは、拒食症(神経性食欲不振症)や過食症のことです。これは脳の萎縮が原因ともいわれていますから、糖質制限によってエネルギーが不足した脳が萎縮してしまうのかもしれません。いったん摂食障害に陥ると、なかなか治すことは困難です。

 

結局、ダイエットで痩せる方法の正しいやり方は、腹八分目程度の食事制限と栄養バランス、適度な運動を習慣にするということです。さらに言えば、十分な睡眠時間と深い眠り、うまくストレスを解消する工夫ですね。こういった地味なダイエット法は、数ある巷のダイエット法に埋もれて目立ちませんが、誰もが頭では分かっているはずです。

短期間で痩せる方法とは、見栄と焦り以外の何者でもないことを自覚する必要があります。要するに、自分の心身を大切にするダイエット方法こそが、正しいダイエットのやり方なのです。